noimage
  • カラーケア

【2つの提案】秋カラーとは?

町田聖彦

町田聖彦

0 票, 平均: 0.00 / 10

2019/09/20

こんにちは!
日々、ヘアカラーとショート・ボブに注力し
好評いただいています
前橋の美容室ペイズリーパーク
町田聖彦です!

徐々に暑さもやわらぎ、ヘアカラーも少しずつ秋バージョンにシフトするゲストの方も増えてきました。
近年は、流行や周りがどうしているか?ってことよりも好みが多様化し、個人的にこれが好き!ってことを優先する傾向が強くなっている気がします。洋服や音楽にもそれは現れていますね!実際ボクもカラーでもカットでも、流行っている・いないよりもゲストの方が何が好きなのか?何が好みじゃないのか?を重視することが多いですね!なので秋バージョンのヘアカラーと言ってもさまざまです。
とは言え、多少の傾向はあります。

ケースとして増えていると感じるのはトーンダウンとバイオレット。

トーンダウン
つまり暗くするってことですね。
繰り返しですが好みが多様化しているので一概に言えないけど、比較的夏場に明るめにした方も多いのでこの時期になり少し落ち着かせる傾向になります。

バイオレット
これも、明るめにしていた人が色抜けにより気になってきた黄色味を抑えるため、用いることが増えています。
ガッツリ【紫】にするわけでなく、アッシュをベースに補足していく使い方が多いです。

『どの程度トーンダウンするのか?』『バイオレットの加減は?』など、やはりどちらも人によってさまざまだけど、最後に1つのケースを紹介したいと思います!

10〜11レベルくらいの褪色している状態から『トーンダウンはワントーンくらい』
色味はアッシュをベースに、今回は『バイオレットの色味がある程度出るくらい』
って感じです!

実際のレシピは
A10:ブルー:V10(1:1:1)
ちなみに根元はやや暗めにナチュラルグラデーションに仕上げています。

1つの参考にしていただければと思います!
ありがとうございました!

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • いいね!

Paisley Park

町田聖彦

  • facebook
  • instagram
群馬県前橋市の美容室ペイズリーパーク代表。フリーターやバンドマン、イラストレーターなどの遠回りを経て、個人店や大型店などを経験後2017年2月マンツーマン対応(2席のみ)のプライベートサロン、ペイズリーパークオープン。アートや音楽に囲まれたのんびりとした空間でお客様をお待ちしております。いつまでも【美】を楽しんでもらえるよう、訪問美容・介護美容にも対応させていただいております。
自身の感じているカラーの楽しさ・可能性をお客様と共有出来る様、その魅力を伝えていきたいと思います。
  • facebook
  • instagram
Paisley Park

店舗名

Paisley Park

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set
  • Deep Layer
  • mm

http://pp-hair.com

RELATED ARTICLE関連記事