• お役立ち
  • カラーアドバイス
  • コラム

ホームカラーとサロンカラーの違い。〜ホームカラーの時に気をつけるべきポイントは?〜

岩田 考司

岩田 考司

0 票, 平均: 0.00 / 10

2016/10/24

<

h2>ホームカラーとサロンカラーの違い。〜ホームカラーの時に気をつけるべきポイントは?〜</h2
こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。


カラーって皆さんちゃんと美容室でしていますか?
それとも自宅?

どちらでも染める事は可能ですが使っているカラー剤には大きな違いがあります。

サロンとホームカラーの剤の違いとは?

1番の違いは薬の強さになります。
市販のカラー剤は染めやすくすることを優先するため、強い刺激成分が配合されている場合があります。

しかし美容室のカラー剤は美容師が配合しするため、頭皮が荒れる原因になるような成分は使っていない場合が多いです。お客様の髪質に合わせて傷みにくい配合に調合出来ます。

ですからカラーでの肌トラブルなどが多いのホームカラーになるのかもしれませんね。

塗布量の違い


素人の失敗に多いのはカラー剤が少なくてムラになってしまうことです。
また、そのせいで塗布量にムラがありまばらに染まります。

多く使う分にはムラなく染めることが出来るため、少しもったいないと感じでもカラー剤は多めに使う方が失敗は少ないかもしれません。

寒すぎない暑すぎない部屋でする。

そして後大事なのは温度です。

暑いとカラーは明るくなりやすくなりますし、寒すぎると明るくなりにくくもなります。適温でするのが一番ですので極端に暑い部屋、寒い部屋でするのはやめておいた方がいいですね。

そう考えていくとお気軽なホームカラーも実は難しいのかと思うのでやはりカラーは美容室でするのがオススメですよ。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • いいね!

HAIRトレンザINTERNATIONAL

岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram
【Hairトレンザ】
《大阪 /今里》
スタイリスト

ITが何故か得意な美容師。
毎日複数のブログ更新で情報を発信中。
美容情報も多いが幅広い情報を発信しマメな更新が特徴。
サロンスタイルはナチュラル、カジュアルが得意。予約06-6977-0832

blog:http://cojiiwata.com
  • twitter
  • facebook
  • instagram
HAIRトレンザINTERNATIONAL

店舗名

HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱ブランド

    http://cojiiwata.com

    RELATED ARTICLE関連記事