noimage
  • お役立ち
  • コラム

今年throwは新境地へ…

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

2018/01/09

こんにちは、ケンゾーです。

新年始まって皆さんいかがお過ごしでしょうか?

2018年、これにこだわる!ってのを書こうと思います。

その前に、ふと、振り返ったんですが

2016年 throw発売、アッシュ系の色の仕上がりの完成度の高さから一気に爆発的なヒット商品へ。

2017年 スモークとホワイトの新色発表。各色の表現力が広がり広表現、高質感カラーへと進化。

そして、2018年どうなるか?

今あるものを使ってどうしたいのか?

何にこだわる?

現時点でのこだわりというか、想いは

仕上がりの質感に拘る

それは何か?

見た目の質感、

触った質感、

髪が動いた時の光を通した時の質感、

髪色の表現

は今までのthrowで新しい領域を提案してきました。

これからは

新色のthrowで

質感を作っていきます

例えば、ベールを纏った様な柔らかい質感のアッシュや、

暗めでもどこかしら透け感のあるアンニュイなモノトーン、

触り心地の滑らかで素直な髪、

新色を駆使してthrowの新境地を開拓し、

もっと提案幅を広げることに拘りをもって今年さらにやりまっせ!

throwで染めるなら是非ご用命下さい。

お待ちしてます。

↓ウチのサロン「tete」のホームページです。最近リニューアルしました。スマホでも見やすくなりましたので、お時間ありましたらどうぞ。

↓ケンゾーインスタです。仕事にプライベートに満載です(汗)お気軽にフォローお待ちしてます!

↓ケンゾーのスケジュール、ご予約はこちら。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

tete

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
【広島市・佐伯区】tete(テテ)代表。前職では株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)でホットペッパーの企画営業を経験、広島版ホットペッパービューティーのカットオーバーにも携わる。数百人のサロンオーナーと出会いながら経営哲学やマネジメント、提案力をを身を以て磨く。市内で実力ある有名店を退職後、2008年に約10坪、席数3席という「こじんまり」とした空間で「tete」をオープン。プライベートな空間で、今まで磨かれた提案力を糧に男女共に多くの支持を集めるオールラウンダー。固そうな肩書きとは裏腹に、tete blogやインスタグラムでは親近感も湧きそうなお茶目な一面も。美容師でも異色のキャリアを持ちゲストとの距離感が近い、今、注目株のスタイリスト。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
tete

店舗名

tete

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://tete-hair.com/

RELATED ARTICLE関連記事