noimage
  • お役立ち
  • コラム

throwのトラベルラインをただのミニサイズと思うなかれ!

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

2018/10/16

こんばんは、ケンゾーです。

最近、巷で噂のスロウの新プロダクツ!

「throwトラベルライン」

最近、編集長の木村さんより、インスタの投稿があり、内容が徐々に明らかに。

「こんなものがあったらいいな」 で、いつも商品を考えています。 2016年に発表したカラーブランド「THROW(bex)」も単純に… 「白髪染まりながらアッシュ」 とか… 「簡単にグレーに」 とか… 「とにかくオシャレに。美容師が使うのだから」 とか… 「とにかくヘアサロンの負担にならない予算を」 とか… 本質的に「あったらいいな」 で作り出しているまさに「ドラえもん」思考です。 そんな中僕が注目していたのは… なんで、お洒落なトラベルヘアケアないの? でした。 なので作った。 絶対的内容、外観のものを。 THROWトラベルライン。爆裂誕生! @throwcolor 控えめにいってオシャレ 手荷物検査の煩わしさや、持ち込んで高揚感の得られるデザインと機能性。 旅行時、ネックはドライヤー問題。 風力が及ばない可能性を考慮し、ライトタイプをチョイス。 そして、アウトバスも紫外線考慮、べたつき、乾きにくさに対応するミストタイプ。 海などでのパサつきを防御。 香りに対しての配慮も忘れずに。 案外細かい芸ですが、意外と忘れやすい… ゴム。 細部にもこだわり、チャーム付きでちょっとした縛りにもオシャレに。 という配慮を忘れずに。 一足先にテストしていた妻はむしろゴムが気に入って日常的に使うなど、狙い通りの仕上がり。 プレゼントにはオシャレな巾着で、届けたい人にも感動を。 とにかく、高揚感 旅行に行くお客様にとにかく言われるのは「ヘアケアに困る」という言葉。 そして、現在、空前のトラベルブームも絡まって、キャリーバッグに入れても全くイメージを壊さないブランド感を演出。 トラベルヘアケアというと、歯ブラシセットと近しいデザインのものが多く、どうしても意識が高まるものになっていない点に注目していました。 どう考えてもオシャレでしかなく、ポーチの細部へのこだわりは終わった後も日常的に使用できるものに。 あったらいいな。を作る 自分のモチベーションはこれで保たれています。 より多くの方に喜んでもらえるものになっていると嬉しいです。 10・24 発売 10/24始動します。 全国の美容室。またはbexECサイト… 今、若者に人気の「Rili.tokyo」 @rili.tokyo で発売予定。 旅行でもビューティを こういう意識づけは貴女を必ず美しくします。 お楽しみに。 #美容師 #美容学生 #travel #haircair #rili_tokyo #bex #THROW #throwcolor #木村直人 #4900円

870 Likes, 3 Comments – 木村 直人 (@air_kimura) on Instagram: “「こんなものがあったらいいな」 で、いつも商品を考えています。 2016年に発表したカラーブランド「THROW(bex)」も単純に… 「白髪染まりながらアッシュ」 とか… 「簡単にグレーに」…”

このトラベルライン、

パッと見た感じ、オサレですよね。

旅行に持って行きたくなるしプレゼントにも良さそう。

ただ、中身とか、

「既存の商品を小さいサイズにしただけでしょ」

って思ってました…

思ってました…

って思ってたら!!!

どうやら違うみたいです!

自分もまだ実物含め全貌を把握出来てないので、

詳しくはわからないのですが、

トラベルラインと語るだけあって、

旅行先の「あるある」に先回りして中身を処方されてるみたいです!!

いままでこんな商品ってあったんでしょうか?

拘り方が半端じゃ無いですね。

発売は10月24日

詳しくは、木村さんのインスタをご覧ください。

また自分も使ったらレポします!

↓ウチのサロン「tete」のホームページです。最近リニューアルしました。スマホでも見やすくなりましたので、お時間ありましたらどうぞ。

↓ケンゾーインスタです。仕事にプライベートに満載です(汗)お気軽にフォローお待ちしてます!

↓ケンゾーのスケジュール、ご予約はこちら。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

tete

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
【広島市・佐伯区】tete(テテ)代表。前職では株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)でホットペッパーの企画営業を経験、広島版ホットペッパービューティーのカットオーバーにも携わる。数百人のサロンオーナーと出会いながら経営哲学やマネジメント、提案力をを身を以て磨く。市内で実力ある有名店を退職後、2008年に約10坪、席数3席という「こじんまり」とした空間で「tete」をオープン。プライベートな空間で、今まで磨かれた提案力を糧に男女共に多くの支持を集めるオールラウンダー。固そうな肩書きとは裏腹に、tete blogやインスタグラムでは親近感も湧きそうなお茶目な一面も。美容師でも異色のキャリアを持ちゲストとの距離感が近い、今、注目株のスタイリスト。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
tete

店舗名

tete

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://tete-hair.com/

RELATED ARTICLE関連記事