• お役立ち
  • ヘアカラー
  • ヘアケア

カラーもパーマもしたい・・・でも、同じ日に一緒にやっても大丈夫?

小原 孝則

小原 孝則

2016/04/20

東京・MORIO三軒茶屋の小原孝則です。

49f20d72-4173-48b5-835c-74b904711a91

季節の変わり目は、イメージチェンジしたい方も多い時期です。

「気分転換したい」

「雰囲気を変えたい」

「新しい自分を見つけたい」

髪型を変えるのに、カット以外にもパーマやカラーリングで大きくイメージを変えることができます。

8527296398_656122d2bf_b

「いつもカラーだけしてるけど、今回はパーマもかけてみたい」

そういうケースはどうするのか見ていきます。

パーマとカラーは同じ日に一緒にできるの??

結論から言いますが、

間隔を空けるのが好ましいです。

同じ日に一緒にパーマとカラーをやるというのは、髪の毛に負担をかけることになります。

パーマと共に、縮毛矯正も同じことが言えます。

負担を考えると

先にパーマをかけて、パーマが定着してきた1週間~2週間後にカラーをするほうがベターと言えます。

13e93efc41ce14134a2845e6936f2dd4_s

髪のことを考えると、パーマとカラーは少し間隔を空けた方が良い!

というのが小原の意見です。

好ましいのはパーマとカラーは別の日にやる、です。

IMG_8630

最近の薬剤は日々進化していて、ダメージレスを追って日々研究されてると思いますし、

実際に良くなっていると感じます。

  • ・忙しくてどうしても時間がそこしか取れない人
  • ・近い間隔で二度もサロンに行くのは大変

という方は多いかと思いますが、ご理解いただきたいと思います。

404993ea48785f5ab181a44a0acb70e9_s

パーマやカラーのケアで気をつけることは?

shampoo1022

・洗浄力の強すぎないパーマやカラー用のシャンプー

・シャンプー後の洗い流すトリートメントを浸透させてあげる

・ドライヤーの前の洗い流さないトリートメント

・雑に櫛を通さない

・ドライヤーは根元の方から乾かし、毛先は乾かし過ぎない

といったところです。

日頃のケアがパーマの持ちやキレイなカール・ウェーブを出し、カラーの持ちを良くします。

もちろん、ツヤや指通りといったところも関係します。

まとめ

パーマとカラーは、間隔を空けるのが好ましい。

先にパーマをかけて、パーマが定着してきた1週間~2週間後にカラーをするのがおすすめ。

パーマとカラーの仕上がりで、どちらを優先したいのかを考える。

パーマとカラーは髪の毛に負担をかけることなので、家でのアフターケアを必ずする。

1851843cec7555edbd080a9de6b91e96_s
 

以上の事を踏まえて、素敵なヘアスタイルを創っていきましょう!!

東京・三軒茶屋 MORIO FROM LONDON 美容師小原孝則

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Maison

小原 孝則

  • twitter
  • facebook
  • instagram
Maison/埼玉・浦和 スタイリスト
ダメージを最小限に抑えた施術を心がけています。やりすぎない「サラッと上質」なヘアスタイルをご提案しています。肌の色がキレイに見えるカラーを心掛けています。ヘアケアマイスターの資格を活かし、今の状態に合ったケアで大人女性の髪のお悩み解決します。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
Maison

店舗名

Maison

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT

https://maison-urawa.com/

RELATED ARTICLE関連記事