• ヘアカラー

THROW(スロウ)のGreenの効果的な使い方

小原 孝則

小原 孝則

2016/06/30

こんにちは!

東京・MORIO三軒茶屋の小原です。

「THROWで染めてください」

というお声をいただくくらい、お客様に認知されてきているTHROW Color(スロウカラー)

今回はアクセントカラー

『Green』

の凄さを書こうと思います。

その前に今回のお客様のご紹介。

Before

IMG_3202

二回連続で「ガッツリ濃いめのレッドバイオレットカラー」をしており、一ヶ月半経ってかなり退色しています。

「オレンジ系」に退色している状態。

ここから、アクセントカラーのGreenを使って赤みを消していきます。

ベースになる色はこれだ。

MONOTONE

FASHION COLOR

Mt/モノトーン

クリア感のあるグレイッシュ

詳しく見る >

モノトーン8とGreenを3:2でMIXして使っていきます。

Green40%です。

かなり濃いめですが、このお客様の持つ毛の性質などを考慮した結果、今回はこの配合に。

赤系からオレンジに退色してしまった毛の、赤みを相殺したカラーがコレだ!!

After

IMG_3204

IMG_3203

見事に赤みを消してくれてます。

Greenの割合を調節することが必要ですが、かなりマット感強くてお気に入りです。

見比べるとすごいです。

ワンメイクのカラーでここまでとは。

IMG_3207

赤みが強く残りやすい方や好きじゃない方は、こういったカラーも参考になさってください。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Maison

小原 孝則

  • twitter
  • facebook
  • instagram
Maison/埼玉・浦和 スタイリスト
ダメージを最小限に抑えた施術を心がけています。やりすぎない「サラッと上質」なヘアスタイルをご提案しています。肌の色がキレイに見えるカラーを心掛けています。ヘアケアマイスターの資格を活かし、今の状態に合ったケアで大人女性の髪のお悩み解決します。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
Maison

店舗名

Maison

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT

https://maison-urawa.com/

RELATED ARTICLE関連記事