• ヘアカラー

前代未聞のカラー剤とダークアッシュカラー。

中村有佑

中村有佑

2016/07/04

こんにちは。
 
air-GINZAの中村と申します。
久々の更新、、、
 
THROW発売と同時に「売れすぎて欠品」という朗報に1ヶ月間もの間、歓喜しすぎて今に至ってしまいました。
 
冗談はさておき、、、
 

 
発売して約1ヶ月、9割以上のお客様のカラーリングをTHROWにて行ってまいりました。
 
お悩みの大半は
「赤っぽいのが嫌…」
「オレンジっぽくなるのが泣ける…」
という内容。
 
あるあるですよね。
 
◆というわけで、、、今回も、、、
 

このオレンジ味を感じまくる髪を一刀両断しました。
 

使用薬剤 A8:Blue=2:1

ASH

FASHION COLOR

A/アッシュ

クリア感のあるブルーアッシュ

詳しく見る >

 
この中でやはりキモとなるのは、、、 

「Blue」

 

こんな感じでミックスしたり、更に濃く出したい時には単品で使ったり。
 
この、多くの美容師さんが記事を書いている【THROW journal】の影響もあってか、全国的に未だに欠品中という前代未聞のカラー剤。
僕が出会った中で過去最高の薬剤です。
 
さて、オレンジ味を感じる髪がどうなるのか、、、
 

After


ひゅーひゅー。
エグくなりすぎず、深みのある上質なアッシュへと。
 
オレンジの反対の色「青」でオレンジ味を無くしつつ、更に超越したアッシュの色を重ねることによるダークアッシュカラー。
 

とはいえ、、、

これでオレンジ味撲殺!!と言いたいところですが、、、
 

こちらでも書いたように、元々髪が持っている色というのは変わりません。
よって、完全に色が抜けてしまうとまた同じ色に戻ってしまうんですよね。
 

綺麗なカラーリングを持続するためには?

髪質やダメージに合わせたご自宅でのヘアケアももちろん大切ですし、完全に色が抜けてしまう前にまた色を重ねてカラーリングをしてあげることが大切なんですよね。
 
THROWで染めても永遠に綺麗が続くわけではありません。
そこをご理解いただいた上で、素敵なカラーライフをお過ごしいただけたらと思います。
 
究極のアッシュをお求めの方、ぜひTHROWでのカラーリングをお試しください。
 

ヘアカラー関連記事



  • twitter
  • facebook
  • LINE
air-GINZA(エアーギンザ)

店舗名

air-GINZA(エアーギンザ)

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://www.air.st

RELATED ARTICLE関連記事