• PICK UP
  • ヘアカラー

THROWで至高の「ダークアッシュ」へと。

中村有佑

中村有佑

2016/07/30

こんにちは。

アッシュの申し子、air-GINZAの中村です。

 

前回は僕が推している「ダークアッシュカラー」をご紹介しました。

 

〜あれから約1ヶ月〜

未だ「ダークアッシュカラー熱」は冷めやらず、、、でございます。

 

ダークアッシュカラーとは?

「赤みが出るのが嫌」
「オレンジっぽくなるのが嫌」

僕がヘアカラー施術を行う際、お客様の口から出てくるこの「2大ネガティブワード」

 

この「2大ワード」に対して「究極のアッシュ」ことTHROWを使うのですが、、、

THROW特有の濃いアッシュの色素によって、厄介な「赤・オレンジ」を感じさせないレベルまで打ち消し、、、さらにそれを上回って濃いアッシュ感を出したヘアカラーのことを指しています。

 

まぁ、、、名前そのままですね。はい。

 

お客様には「豹アッシュ」とか、わけの分からないネーミングでお伝えしていますが、本当は「ダークアッシュ」です。
一体何を言ってるんでしょうね。すみません。

 

そんな「ダークアッシュ」ですが、、、

いつも担当させていただいている、、、


先日、AKB48を卒業された小林香菜さんの髪にも「ダークアッシュ」をぶち込ませていただきました。

 

「ダークアッシュ」使用薬剤

ASH

FASHION COLOR

A/アッシュ

クリア感のあるブルーアッシュ

詳しく見る >

A9 6%

 

小林さんの場合は、元々黄色っぽくなりやすく、明るくなりやすい髪質なので、前回の記事のように「Blue」を無理やり足す必要はありません。

そう、人それぞれ素材も違えば、それに対する施術の仕方も変わるんですよね。
THROWを使っていても、もちろんそれは変わりません。

(こちらでも詳しく書いています)

 

それでは、、、仕上がりを見てみましょう。

 

After


この深みこそが「THE・ダークアッシュ」

 


深みと上品さを兼ね備えつつ、、、

 


ベースの明るさを暗くしたわけじゃないんですけど、このように彩度の濃さでトーンダウンしていく「ダークアッシュ」

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

秋には新色も登場するので楽しみですね。

 

いつまで僕のこの「ダークアッシュトレンド」が続くのかは分かりませんが、、、

 

また次回をお楽しみに。

それでは。

 

ヘアカラー関連記事




  • twitter
  • facebook
  • LINE
air-GINZA(エアーギンザ)

店舗名

air-GINZA(エアーギンザ)

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://www.air.st

RELATED ARTICLE関連記事