• ヘアカラー
  • tintbar

【ブリーチなしのインディゴブルー】昼と夜で見え方はどれくらい違う?

小原 孝則

小原 孝則

2020/02/12

こんにちは。

さいたま・浦和Maison(メゾン)の美容師小原です。

今日は、お客様からも大変ご好評のカラー

「tint bar(ティントバー)のインディゴブルー」

について書こうと思います。

Indigo Blue

インディゴブルー

落ち着きがあり大人な印象のネイビー

詳しく見る >

そして、このカラーを同じレシピでやったときに

「昼と夜で見え方はどれくらい変わるのか」を検証してみました。

前回ご来店の際(11月)のビフォーアフターからどうぞ

before

この時は夜のご来店。

仕上がりはこちら

After

退色してすこし黄ばみを感じるところに

インディゴブルーにTHROW(スロウ)のN4を10%配合しました。

綺麗なグレーを感じるカラーに。

夜ですとやや暗めに見えるのと、照明の影響もあってやや強めの印象に。

暗めですが、柔らかな質感、そしてツヤをすごく感じます。

そして、今回(2月)

前回から2ヶ月弱でお昼にご来店いただき

同じレシピでオンカラーしていきました。

Before

普段は前回と同じ配合をあまりしないのですが、前回のカラーをかなり気に入ってくださったことと

なかなか普段は昼にご来店いただく機会が少ない方でしたので、前回と染めたての比較してみましょう

ということで、同じレシピに。

仕上がりはこちら

After

昼の自然光はやはり柔らかく、寒色系特有の透明感がキレイです。

残留ティントで多少の違いはあるかもしれませんが

同じレシピで昼と夜の違いはこのようになりました。

「tint bar インディゴブルー」×「THROW N4」10% mix

【昼夜の見え方の違い】

いかがでしたでしょうか。

「光によってカラーの見え方は変わる」なんて美容師から説明があるかと思いますが

実際これくらい違いがあるんですね。

やりたいカラーがある時に、あなたが見ているなりたい色のイメージが

意外に変わるかもしれません。

そして、tint barの美しさ。

ブリーチなしでもこれだけの発色は楽しくなりますね。

ご参考までに。

Maison 小原

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Maison

小原 孝則

  • twitter
  • facebook
  • instagram
Maison/埼玉・浦和 スタイリスト
ダメージを最小限に抑えた施術を心がけています。やりすぎない「サラッと上質」なヘアスタイルをご提案しています。肌の色がキレイに見えるカラーを心掛けています。ヘアケアマイスターの資格を活かし、今の状態に合ったケアで大人女性の髪のお悩み解決します。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
Maison

店舗名

Maison

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT

https://maison-urawa.com/

RELATED ARTICLE関連記事