• ヘアカラー

【カーキ・チャコール・ネイビー】なアッシュグレーのレシピ!

町田聖彦

町田聖彦

2018/09/15

こんにちは、群馬県前橋市の美容室Paisley Park の町田です!

以前、A6を軸にしたアッシュグレーの事例を紹介しました。

今回はそのアッシュグレーの表現を少し変えた
スモークメインのレシピを公開!

スモークを軸にした場合、配合量次第で
ディープな表現も淡い表現も可能です!
逆に言えばそこが注意の必要な部分でもあります。
ケースごとに紹介していきます。

◆ケース1【カーキアッシュグレー】

・ベース

繰り返しナチュラルなグラデーションに染めているので
根元〜中間は暗めのベース、中間〜毛先は褪色してややオレンジ味の出ている状態。

・レシピ
根元〜中間【グリーン:ブルー:スモーク(2:1:1)、ox3%:6%(3:1)】
中間〜毛先【スモーク:ブルー:グリーン:Mt6(2:1:1:1)、ox6%】

カーキを表現するため(オレンジ味を打ち消すため)グリーンをミックス。
特に根元〜中間部分は多めの比率。oxのコントロールもポイントです!
根元〜中間部分は濃度と淡みを(クリアではなく)Mtで調節しています。

◆ケース2【チャコールアッシュグレー】

・ベース

※before画像が無くてすみません。

根元(新生部)2cm、中間9〜10レベル、
毛先はグラデーション気味にブリーチが残っている状態。

・レシピ
根元【スモーク:CA6(1:1)、ox3%】
中間〜毛先【スモーク:Mt6:A6:V6(4:4:2:1)、ox6%】

根元部分はコンフォートもミックスしてディープに。
中間〜毛先はスモークとモノトーンをメインに
アッシュとヴァイオレットをプラスすることで
チャコールを表現しています。

◆ケース3【ネイビーアッシュグレー】

・ベース

※before 画像が無くてすみません。

根元(新生部)1cm、中間〜毛先は褪色はしていますが
周期が短いので(前回のTHROWによるカラーのおかげ)
くすみがまだ残っている状態。

・レシピ
根元【スモーク:ブルー:グリーン(5:5:1)、ox3%】
中間〜毛先【スモーク:ブルー:グリーン(3:3:1)、ox6%】

こちらのお客様は
前回、オレンジ味が出ている状態に褪色していたので
グリーンの配合量を多めにして施術しました。
そのおかげもあって、
今回はそこまでのオレンジに偏っていないので
グリーンの比率を下げ、
スモークとブルーをメインにしたネイビーな表現をしました。
色が抜けきらないうちにTHROWを積み重ねていくことも
透明感やキレイなアッシュグレーにするポイントです!

スモークをメインに使用して
プラスさまざまなミックスで表現した
アッシュグレーの事例でした。

表現の幅を広げるのに、何かのお役に立てば幸いです!

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Paisley Park

町田聖彦

  • facebook
  • instagram
群馬県前橋市の美容室ペイズリーパーク代表。フリーターやバンドマン、イラストレーターなどの遠回りを経て、個人店や大型店などを経験後2017年2月マンツーマン対応(2席のみ)のプライベートサロン、ペイズリーパークオープン。アートや音楽に囲まれたのんびりとした空間でお客様をお待ちしております。いつまでも【美】を楽しんでもらえるよう、訪問美容・介護美容にも対応させていただいております。
自身の感じているカラーの楽しさ・可能性をお客様と共有出来る様、その魅力を伝えていきたいと思います。
  • facebook
  • instagram
Paisley Park

店舗名

Paisley Park

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set
  • Deep Layer
  • mm

http://pp-hair.com

RELATED ARTICLE関連記事