• ヘアカラー

THROWのピンクの使い方【3パターン】

町田聖彦

町田聖彦

2019/04/10

【ピンク】使ってますか?染めてますか?
この時期になると、ピンク=桜のイメージから登場頻度が増えました!

でも、そこはスロウだからこそ
ゴリゴリ、ツヤッツヤの硬いイメージでなく
透明感や柔らかさもある表現がよいかと・・・

こんにちは!群馬県前橋市の美容室ペイズリーパークの町田聖彦です!

今回は
THROWのピンクの使い方、
スタイル事例を3パターンご紹介!

まずは、落ち着いた印象の

【ピンクアッシュ】

こちらはあくまでアッシュをベースに、ピンクはほのかに感じさせる程度に使用。

A10:A6:ブルー:P6(4:1:1:2)

次は、こんな表現

【シアーピンクインナー】

インナーカラーにもピンクのアプローチはありかと思います!
こちらはピンクをメイン使い!

インナーは一度ブリーチした上で
P6:V6(3:1)
表面は
P6:スモーク(2:1)

最後は、

【ピンクグレージュ】

こちらもシアーな表現ですが
モノトーンやグレージュとピンクの共存もキレイです!

Mt8:P6:スモーク:ホワイト(6:4:1:2)

いつものカラーにちょい足しのピンクや
思いっきりのカラーチェンジでピンクをメインにするなど、
こんな表現にチャレンジしてみたらいかがでしょうか?

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Paisley Park

町田聖彦

  • facebook
  • instagram
群馬県前橋市の美容室ペイズリーパーク代表。フリーターやバンドマン、イラストレーターなどの遠回りを経て、個人店や大型店などを経験後2017年2月マンツーマン対応(2席のみ)のプライベートサロン、ペイズリーパークオープン。アートや音楽に囲まれたのんびりとした空間でお客様をお待ちしております。いつまでも【美】を楽しんでもらえるよう、訪問美容・介護美容にも対応させていただいております。
自身の感じているカラーの楽しさ・可能性をお客様と共有出来る様、その魅力を伝えていきたいと思います。
  • facebook
  • instagram
Paisley Park

店舗名

Paisley Park

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set
  • Deep Layer
  • mm

http://pp-hair.com

RELATED ARTICLE関連記事