• ヘアカラー

あまり暗くさせすぎないカラーを作る方法

岩田 考司

岩田 考司

2019/08/30

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

気づいたら夏の終わりも迎えカラーも少し落ち着かせるカラーを希望される方が増えてます。

しかしまだ真っ暗というまではしたくないですよね。

イメージとしては夏の紫外線で褪色した髪の毛に普段より気持ち抑え気味の色を入れる感じでしょうか?

そんな時におススメのカラーが想定より暗めのカラーを6%で入れるです。

これはどういう事かというと
例えばこちらのお客様

カラーが褪色してパサついて見えるので色を入れていくのですが選んだのは6レベルのカラーにアクセントカラーのスモークです。

この際に使うオキシは6%にします。

通常色のトーンダウンなら3%もしくはそれ以下の微アルカリ、又は4.5%などを選び明るくするより色味を入れる事を選ぶのですがそこまで色を沈めたくない時は6%を選ぶと濃く入りすぎないで毛先が沈みすぎずにちょい暗めができます。

例えばこんな感じ。

6レベルまでは下がらずに少しトーンダウンをしてベースの赤みは取れる色になり透明感が出やすくなります。

まだそこまで暗くしたくないけど少し落ち着かせたいなという季節にはおススメですのでお試しあれ。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

HAIRトレンザINTERNATIONAL

岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram
【Hairトレンザ】
《大阪 /今里》
スタイリスト

ITが何故か得意な美容師。
毎日複数のブログ更新で情報を発信中。
美容情報も多いが幅広い情報を発信しマメな更新が特徴。
サロンスタイルはナチュラル、カジュアルが得意。予約06-6977-0832

blog:http://cojiiwata.com
  • twitter
  • facebook
  • instagram
HAIRトレンザINTERNATIONAL

店舗名

HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set
  • Deep Layer
  • mm

http://cojiiwata.com

RELATED ARTICLE関連記事