• ヘアカラー

tintbar(ティントバー)に助けられた話

荻原峻一

荻原峻一

2019/11/07

こんにちは、オギワラです。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | スタイリスト

美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

ある日の夜のお客様。

ご来店した時はパッと見、カラーをされたばかりで、少しピンクがかった色で、おしゃれな感じにされてるな、という印象。

ですがカウンセリングを始め、話を聞くと、

お客様の状況

前回は新色とバイオレット系の色を入れて、ムラサキ系のカラーにしましたと、

ですが数日でかなり色が落ちたため、染め直してもう一度そのサロンで染めてもらいましたが、

また数日で落ち、色もムラムラ。。。

自分でカラーバターをネット注文し、ピンクをシャンプーに混ぜて染めたが、結果、ムラムラになった。。。

なぜむらになったのか??

全体はピンクには見えるが中間から毛先の方は色が少し茶色っぽい。。。

違和感を感じて尋ねると、縮毛矯正をしていると、

通常縮毛矯正をしているとダメージで色が入りやすいものだが、硬毛の場合タンパク変性をおこし、色が入りにくくなる現象がおきます。

お客様の髪質は固めで、縮毛矯正部分に色が入りきらない状況。

ムラの原因は縮毛矯正。

そこで提案したのが

ティントバーのベリーベリーピンク!!!

これを中間から毛先を単色で染め、

ストパーがかかっていない部分は十分ピンク感があったので、

ベリベリーピンクをクリア剤で薄めて塗布!!!

仕上がりはご新規のため載せられませんが、

理想通りに均一なピンクになりました。

口コミも

また、普段はグレイジュ系にしているらしいのですが、ティントバーはアルカリカラーなので、退色しますから、気が変わったら、アッシュ系にすることも可能です。

いかがでしょう、攻めたカラーには他のカラー剤には出せない可能性があります。

ここはティントバーで行ってみましょう^_^

是非参考までに。

Twitterはこちら。

オギワラシュンイチ

The latest Tweets from オギワラシュンイチ (@ogiwara_s). LOVEST by CERO代表 スタイリスト募集中!興味ある方→DMくださいね 一緒に高みを目指しましょう!! #マルチバース #THROWjournal insta→ https://t.co/T9hQpaKPzS


Instagramはこちら。

Login * Instagram

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


ライン@でもご予約、カウンセリングお受けしています。
友だち追加

  • twitter
  • facebook
  • LINE

LOVEST by CERO

荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram
『お客様のLife partnerとして、髪の毛からサポートしていきたい。』を念頭におき、東京でのサロンワーク経験を生かし、流行をとらえたスタイル提案。高い技術力と丁寧なカウンセリングで、お客様一人一人の魅力を最大限に引き出す。Instagram blog twitter 是非ご覧ください。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
LOVEST by CERO

店舗名

LOVEST by CERO

取扱ブランド

    http://www.lovest-cero.com/

    RELATED ARTICLE関連記事