• お役立ち
  • ヘアカラー

市販のブリーチした髪の場合、発色に違いが?

町田聖彦

町田聖彦

2020/02/05

群馬県前橋市の美容室ペイズリーパークの町田聖彦です!
ヘアカラーとショート〜ボブに特に注力し、
【ラフでも決まる!ラクに決まる!スタイル】を提案しています!

前回、
市販のブリーチと業務用のブリーチを
自分なりに比較検証した結果を
シェアさせてもらいました。

※まだ読んでない人は
まずはこちらからご覧ください↓

その検証に至ったのには
もうひとつ理由がありまして、
今回はそのお話です。

ブリーチしてある髪へのオンカラー、
特にインナーやグラデーションカラーで
鮮やかな色をのせたときに
発色が悪かったり鮮やかに出なかったりして
疑問に感じたことがありました。

そうなったときの共通点を考えると、
市販のブリーチがベース
というところに行き着き
もしかしてそこに1つの原因があるのか?
と思い検証してみました。

なので前回の毛束、
市販のブリーチと業務用ブリーチで
それぞれ【30分】放置して
色を抜いたものを使っていきます。

今回は(発売前ですが)tintbarの
マリンブルーを入れていきます!

共に30分ほどの放置で…。

こう見るとやや市販のものが薄い気はするものの、
極端な程違いは無さそう。
どちらもそれなりに濃くは染まっているようです。
けれど…透かしたときその差は顕著になり、
業務用の方が鮮やかさを感じました。

【業務用】

【市販】

前回の記事で触れたように、
同じ放置時間でも業務用の方が
やや明るくなっていたので、
その辺りにも原因があるかもしれません。
特にビビッドなカラー、
その中でもブルーやグリーン系は
ベースの少しの違いが
仕上がりの発色に大きく影響したりします!

前回同様、こちらの検証結果も
全ての薬剤に共通するかは分からないし、
実際に市販のブリーチをしたベースでも
問題なかったという人もいるかもしれません。

けれど、ボクら美容師も
・使っている薬剤が分かっている
・ムラなくブリーチされたベースである
・自分が施術したベースである
なら、より精度が上がるのは事実で
やはり同じ美容室、出来れば同じ美容師さんに
トータルでお願いする方が
求めるデザインや仕上がりに近づくのではないかと思います!

判断や選択する際に
少しでも参考になってくれれば幸いです!

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Paisley Park

町田聖彦

  • facebook
  • instagram
群馬県前橋市の美容室ペイズリーパーク代表。フリーターやバンドマン、イラストレーターなどの遠回りを経て、個人店や大型店などを経験後2017年2月マンツーマン対応(2席のみ)のプライベートサロン、ペイズリーパークオープン。アートや音楽に囲まれたのんびりとした空間でお客様をお待ちしております。いつまでも【美】を楽しんでもらえるよう、訪問美容・介護美容にも対応させていただいております。
自身の感じているカラーの楽しさ・可能性をお客様と共有出来る様、その魅力を伝えていきたいと思います。
  • facebook
  • instagram
Paisley Park

店舗名

Paisley Park

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set
  • Deep Layer
  • mm

http://pp-hair.com

RELATED ARTICLE関連記事