• ヘアカラー

ブラウンをコントロールする! ※レシピあり

平井智章

平井智章

2020/03/12

こんにちは。

タイでサロン経営している平井です。

今回のお客様はこちら。

まずビフォー

根元2CM新生部。そこから約10CM12〜13トーン。毛先は10〜11トーンくらいでしょうか?

皆さんならこの状態で10レベルのブラウンにしたい時、どのように染めていきますか?

私の考えた今回の使用薬剤はこちら。

まずは希望色である10レベルのブラウンをチョイスします。

このお客様は割と軟毛なので根元から明るい部分までそのまま B/10:CN/06=3:1 で塗布します。

コンフォートをミックスすることで色持ちアップ!!

その後中間毛先をウェット状態にして B/10:N/06=3:1 を塗布します。

このお客様はビフォーを見る限りドライヤーや紫外線の影響を受けやすく、退色しやすいので根元付近はコンフォートのCN/06を選択。

逆に毛先は沈み込みの現象を受けているのでそれを意識して薬剤設定とウェット塗布にしました。

アフター

カラーを考える時に大事なのは、髪質の見極め、退色具合、残留ティントです。

それらを考えれば、お客様の1ヶ月後の髪の毛も綺麗でいられるカラーが作れると思います。

ぜひ参考にしてください。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE
DEAR Hair Design

店舗名

DEAR Hair Design

取扱ブランド

    https://www.dear-hair-design.com/

    RELATED ARTICLE関連記事