• お役立ち
  • カラーケア

ついに新色発売!!ポイントおさらいWhite編。

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

2017/11/07

こんにちは、ケンゾーです。

ついに新色のWhiteとsmokeが発売になりましたね。

今回はWhite使って見たので、おさらいも兼ねて、自分なりのポイントを伝えれたらと思います。

まず、

throwのどのカラー剤ともミックスOK

fashionカラーはもちろん、コンフォート、ブルーやグリーンなどとのミックスもOKです。

アイデア次第でカラー剤が持ってる可能性をもっと引き出してくれます。

遠慮せず結構ミックスして良し

ホワイトは白です。でも、混ぜたからって元のカラーティントが極端に薄くなるわけではありません。

僕が使った感想は、

「あ、結構混ぜた方が綺麗だわ」

という印象でした。

目安は3(ベース):1(White)

から…

ですね。

2:1でも

1:1でもいいです。

求めるイメージに合わせて比率を調整してもらえればいいと思います。

どちらにせよ、White入れ過ぎて

「あーー!!思ったより色が入り過ぎた!」

とか、

「沈んだーー!!」

ってはならないです。

ミックス比率が上がるほど質感は良い

新色のsmokeとWhiteに関しては今までのカラー剤よりもトリートメント成分の比率が増えてます。

混ぜる比率が上がるほど手触りが良くなります。

カラーリングのダメージは気になりませんでした。

むしろ染めた方が色よし、手触り良しで、

髪キレイになったね。

って感じてもらえると思います。


写真はアッシュにWhiteを3:1で染めてます。

明度は低めですが、柔らかさが出てるのがわかると思います。

新色ライフを楽しんでいきまっしょい!

↓ウチのサロン「tete」のホームページです。最近リニューアルしました。スマホでも見やすくなりましたので、お時間ありましたらどうぞ。

↓ケンゾーインスタです。仕事にプライベートに満載です(汗)お気軽にフォローお待ちしてます!

↓ケンゾーのスケジュール、ご予約はこちら。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

tete

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
【広島市・佐伯区】tete(テテ)代表。前職では株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)でホットペッパーの企画営業を経験、広島版ホットペッパービューティーのカットオーバーにも携わる。数百人のサロンオーナーと出会いながら経営哲学やマネジメント、提案力をを身を以て磨く。市内で実力ある有名店を退職後、2008年に約10坪、席数3席という「こじんまり」とした空間で「tete」をオープン。プライベートな空間で、今まで磨かれた提案力を糧に男女共に多くの支持を集めるオールラウンダー。固そうな肩書きとは裏腹に、tete blogやインスタグラムでは親近感も湧きそうなお茶目な一面も。美容師でも異色のキャリアを持ちゲストとの距離感が近い、今、注目株のスタイリスト。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
tete

店舗名

tete

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://tete-hair.com/

RELATED ARTICLE関連記事