• お役立ち
  • ヘアカラー

カラーに対する価値観を少し変えて深みのある髪色を作りましょう。

安藤 芳樹

安藤 芳樹

2016/04/21

ヘアカラーで深みのある綺麗な色を出す方法とは?

奈良県生駒市のnao*c area2の安藤です!

今回のテーマは、、、

これはよくお客様にも質問されることなのですが、


“濃い色で(深みのある)綺麗に染めるには?”

という点で書いていきます。

ここには、もちろんカラーテクニックや薬剤の選び方も関係していますが、今回は置いておきます。

僕が1番大事にしているのは、“価値観”です。

『????』ってなりますよね?w

どういう事かというと、

“回数を重ねて、綺麗な深みのある色を作っていく”

という価値観を持っていただくと確実に綺麗に仕上がっていきます。

もちろん1回のヘアカラーで綺麗に染めていく努力はしていきますが、やはり、


一回のカラー<色を重ねたカラー

となっていく事は事実です。

よくお客様には『髪の毛を〇〇色に慣らしていきましょう』とお伝えするのですが、正にソレなんです。

ヘアカラーにかなり密接な関係があるのは、染める前の元々の髪の毛の色(ベースの色)なんです。

元々色味的に整ってる状態(色が残ってる状態)で重ねて色を塗っていくと、色の発色は綺麗になります。

絵の具を2度塗りすると濃く発色するのと似た感覚です。

このような部分で、
ヘアカラーはある程度時間をかけて、深みのある色を作っていくという価値観
を少し持っていただくと変わるかなと思います。

僕はよく【半年後を目標】くらいでお客様と深みのある色を作っていってます。(髪の状態にもよりますが。)

その一例を。

ちなみに白髪染めであっても、期間をかけて染めていくと深みのある色になりますよ!

おはようございます! じっくり時間(約半年)をかけて作った髪色の綺麗さ◎ #haircolor #カラー #hair #beauty #salon #艶髪 #サロモ #サロンモデル #ツヤ #instagood #japan #nara

See this Instagram photo by @yoshiki_andoh * 27 likes

この価値観にプラスして、カラーテクニックでより良い色にしていきましょう!

ご参考ください。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Eni-SALON&EYELASH-

安藤 芳樹

  • twitter
  • facebook
  • instagram
美容学校卒業後、大阪、京都、奈良の美容室で、教育担当、店長を経験し、2019年4月より独立し、奈良生駒市に【Eni -SALON&EYELASH-】をオープン。 特にヘアケア、カラーが得意で、SNSからの指名顧客も多く、【アッシュ】【ハイライト】などを希望される方も多くなっている。 現在はスタッフ二人でゆっくりとリラックスできる空間、雰囲気の店作りに励んでいる。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
Eni-SALON&EYELASH-

店舗名

Eni-SALON&EYELASH-

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • Deep Layer

https://eni-salon.com

RELATED ARTICLE関連記事