• お役立ち

THROWを進化させる新カラー剤tintbarとは

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

2019/09/25

先日bex社さんよりオフィシャルで広報のあった新カラー剤

「tintbar」ティントバー

発売が決まったそうです。

サンプル配布も瞬殺で予定数に達するなど、業界の注目の高さの現れですね。

tintbarってどんなカラー剤なの?

なんでそんなに注目されてるの?

って所なんですが、

大きい特徴は「2点」あると思ってます。

アクセントカラーのみラインナップ

普通の人はきっと

「はぁ?なにそれ??」って感じかもしません。

一般的なカラー剤は「明度(明るさ)」と「色味」によって作られてますが、このティントバーは違うようです。

「彩度」つまり、色の鮮やかさに特化したカラー剤と言う事です。

エッジの効いた単品使いもありだし、普段のカラーにスパイス的な要素でミックスして使うのも面白そうです。

アクセントカラーだけのラインナップは業界初だそうです。

カラー剤だけどとにかく高彩度

先程、鮮やかさに特化した、と言いましたが、これまで鮮やかなカラーリングをしようと思った時に、発色がいいものはマニキュアなどの酸性染料や塩基性の染料が主流でした。

ただ、それだと残留色素が残りやすかったりなどでカラーチェンジが難しいデメリットもありました。

一方、アルカリカラーの場合はカラーチェンジはしやすいけど、鮮やかな色味になりにくい特徴がありました。

今回のティントバーはアルカリカラーでありながらマニキュアのような高彩度を実現してくれるカラー剤という点が最大の特徴なのではないでしょうか。

しかも、

スロウとミックス出来る!

そんな設計になってるので、今までのTHROWの表現力をさらにワンステップ昇華させてくれるアイテムになってくれると思います。

詳細や、詳しくはまだこれからですが、何やら面白そうなカラー剤であることは間違いなさそうですね。

今後の情報にも乞うご期待下さい!

↓ウチのサロン「tete」のホームページです。広島市にあるサロンですが、宜しければご覧下さい。

↓ケンゾーインスタです。仕事にプライベートに満載です(汗)お気軽にフォローお待ちしてます!

↓ケンゾーのスケジュール、ご予約はこちら。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

tete

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

  • twitter
  • facebook
  • instagram
【広島市・佐伯区】tete(テテ)代表。前職では株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)でホットペッパーの企画営業を経験、広島版ホットペッパービューティーのカットオーバーにも携わる。数百人のサロンオーナーと出会いながら経営哲学やマネジメント、提案力をを身を以て磨く。市内で実力ある有名店を退職後、2008年に約10坪、席数3席という「こじんまり」とした空間で「tete」をオープン。プライベートな空間で、今まで磨かれた提案力を糧に男女共に多くの支持を集めるオールラウンダー。固そうな肩書きとは裏腹に、tete blogやインスタグラムでは親近感も湧きそうなお茶目な一面も。美容師でも異色のキャリアを持ちゲストとの距離感が近い、今、注目株のスタイリスト。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
tete

店舗名

tete

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://tete-hair.com/

RELATED ARTICLE関連記事