• PICK UP
  • ヘアカラー
  • ヘアケア

今こんなにもアッシュカラーが人気な理由知っていますか?色の仕組みと見え方という話。

本田晋一

本田晋一

2016/04/13

こんにちは。

撮影 019

スロウジャーナルでライターをさせて頂いている大阪で美容師をしている本田と言います。
昨日お披露目になったこの‘スロウジャーナル’初日にも関わらず
沢山の方に見られたみたいでありがとうございます。

僕自身も美容師として皆様のお役に立てる情報を沢山発信していきますのでこれからもよろしくお願いします。

さて発売が本当に待ち遠しいTHROWですが今回はヘアカラーに関する知識を。

なぜアッシュが人気なの?

あなたの今のヘアカラーは何色ですか?

いつも美容院で何色に染めていますか?

かなりの確率で「アッシュ系」にされている方多くないですか?

IMG_3389

僕の担当させてもらっているお客様も爆裂に多いですね。

でもどうですか皆さん!

なぜアッシュが好きなんですか??

■勧められるから
■綺麗な色に見えるから
■流行っているから

さまざま理由がありますが、今回はもう少し深いところまで行きたいと思います。

人気の髪色『アッシュカラー』

アッシュの色味は本来は『灰色(グレー)』を指します。

なぜ灰色が人気の髪色なのかというと、理由は2つあります。

1つ目は、髪の赤味を抑えるため。

IMG_3281

日本人の髪の毛の色を作っているメラニン色素はもともと赤味を含んでいるため、髪の毛を明るくブリーチしていくとだんだん赤の色味が出てきます。

この赤の色味があまり綺麗な色でなく赤味自体が嫌いな人も多いので、その色を抑えたいとか消したいと思う人が多いからです。

そういう赤味を抑えたい人に使うのがアッシュなのです。

【赤味抹殺シリーズ】

2つ目は『彩度』を下げて柔らかさの質感を演出するため。

wpid-20151001125641

灰色は、色の彩度を下げる効果があります。

彩度を下げて色味をマイルドにすることによって、髪の毛に柔らかさの演出ができるのです。見るからに柔らかそうな雰囲気のある髪の毛って憧れますよね。

または色がくすむという表現になりますね。

色で例えるならば、コーヒーにミルクを入れたような感じですね。

コーヒーはそのままだと色の濃いブラウン系ですが、ミルクを入れることによってマイルドな色味になりますよね。

そういうニュアンスに出来るのがアッシュカラー。

ミルクティーなんて呼ばれたりもします。

髪のブラウンにアッシュでヘアカラーをするだけでも、カフェオレのようなベージュのような雰囲気の髪色になります。

この透明感やくすみ感が自分自身を柔らかく見せてくれるのです。

ただの明るい髪の毛はパサパサに見えるしヤンキーみたいでしょ?

でもアッシュにすると「奇抜に見えないし、柔らかいし、外国人みたい~~」って思ったことありませんか?

日本人女性は「外国人、ハーフ、クウォーター」に憧れるのです。

モデルの【マギー】【トリンドル】【ローラ】などのハーフモデルが爆発的に人気ですからね。

外国人風カラーについてはこちらを参考に

アッシュが好きな理由わかりましたか?

THROW

6/1日に解禁されるTHROW

20160412025747.jpg

特にアッシュ系の発色の良さはピカイチです。

ASH

FASHION COLOR

A/アッシュ

クリア感のあるブルーアッシュ

詳しく見る >

MATT

FASHION COLOR

M/マット

やわらかさのあるマット

詳しく見る >

是非夏のヘアカラーに挑戦してみましょう。

外国人風カラーの参考に

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

カラトリ

本田晋一

  • twitter
  • facebook
  • instagram
大阪の豊中市阪急豊中駅前の美容室「カラトリ」代表。 特に上質を求める女性に特化したカラーリングを提供します。 そんな上質な女性をプロデュースする美容師でありたいと思います。 個人メディア「shinichihonda.net」は月間40万PV 【大阪・豊中で活躍する美容師・本田晋一が伝える一瞬で可愛くなれる|外国人風カラー・ヘアアレンジBlog】 として沢山の方にお役立ち情報を発信してます。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
カラトリ

店舗名

カラトリ

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

https://kara-tori-osaka.com/

RELATED ARTICLE関連記事