• PICK UP
  • ヘアケア

【Whiteが表現する淡い色】ノンブリーチダブルカラーで作ったペールアッシュ!

町田聖彦

町田聖彦

2017/09/24

群馬県前橋市の美容室、Paisley Park の町田聖彦です!

新色【White】を使った事例ですが
先に言います。
かなり、びっくりしました!
過去、あまり見たことのないような
仕上がりだったので(^^;

今後、ヘビーユース確実なポテンシャルを持っていました!
昨日更新させてもらった、毛束での検証

【新色を毛束で検証】&【改めて感じるTHROWのかっこよさ】

この時はボクも、
彼の秘めた戦闘力を引き出しきれていませんでした。
やはりモデルさんでとなると、
また全然違って来ます。

では、いってみましょう!
まず、ベースですが

前回コンフォートもミックスして、
ディープなアッシュにしました。
そして褪色が進んだ状態です。
それでも、もう少し(気持~ち位なんですが)
明るめのベースからしっかり色を入れたいと判断し、
明度コントロールと、彩度コントロールを分けて行います。
『一度上げて、落とす』作戦です!

まず、
アッシュを使って12レベルくらいまで、
ガッツリでないトーンアップをします。
ハイトーンにするというよりは、
メラニンを削り取るくらいの感覚です。
明度コントロールが目的ではありますが、
ライトナーとかでなく一応アッシュを使って、
若干ですが彩度も傾けて
次のカラーのサポートをしておきます。

極端には変わっていませんが、
これで一旦ベースが整いました。

そして、いよいよ【White】の出番です!
今回は、できるだけシンプルに

根元(2~3㎝)
A6:Blue:white=3:1:1
毛先
A8:Blue:White=3:1:1

というレシピです!

そして、仕上がりですが
やはり
『一度上げて、落とす』作戦も功を奏しました!
『一度上げて落とす』・・・、コマンド『 ↑ ↓ A+B+W 』です(^^;)

結構濃く入れたのですが、堅い印象にならず
【淡い】【柔らかい】【まろみを帯びたような】
何とも言えない雰囲気です!
光の抜けたカンジとか、特に良いです!

今までの『ブルーアッシュ』に
ホワイトフェードがプラスされ
『ペールアッシュ』へと変わりました!

また次は違ったカラーにもガンガンプラスしてみたいです!

また新しい革命が起きそうな気がします!

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Paisley Park

町田聖彦

  • facebook
  • instagram
群馬県前橋市の美容室ペイズリーパーク代表。フリーターやバンドマン、イラストレーターなどの遠回りを経て、個人店や大型店などを経験後2017年2月マンツーマン対応(2席のみ)のプライベートサロン、ペイズリーパークオープン。アートや音楽に囲まれたのんびりとした空間でお客様をお待ちしております。いつまでも【美】を楽しんでもらえるよう、訪問美容・介護美容にも対応させていただいております。
自身の感じているカラーの楽しさ・可能性をお客様と共有出来る様、その魅力を伝えていきたいと思います。
  • facebook
  • instagram
Paisley Park

店舗名

Paisley Park

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set
  • Deep Layer
  • mm

http://pp-hair.com

RELATED ARTICLE関連記事