• PICK UP
  • ヘアカラー

【ティントバー】ワンブリーチ後のオンカラーでどれぐらい発色するか!? ネイビー、ライム 、ミント編

浦松俊宣

浦松俊宣

2019/09/26

どうも大阪心斎橋にある美容室releaseのスタイリスト浦松です

今回はですねあたらあしく11月に発売されるティントバーについて
検証してみたので

マニキュア並の発色をするとのことだったので
ブリーチを入れた状態でどのぐらいの発色をするのか??
検証してみたいと思います

検証方法

黒い毛束を1度だけブリーチした毛束に対してティントバーをオキシ6%で塗布しています

イエローオレンジぐらいの仕上がりの毛束です
13〜14レベルです

インディゴブルー(ネイビー)を染めてみました

今回インディゴブルーを染めて感じたのは
深さを感じる!

THROWでもあるBlueと比べたときに
当然濃さがあり実際にアクセントカラーとして使った時もBlueと同じ感覚で使うと暗くなるなという印象を受けました

あとワンブリーチでネイビー感を出すのは少し弱いように感じました
もう少しオレンジを飛ばせた方が綺麗なネイビーになるなという印象です

2回ほどブリーチした方がネイビーは綺麗かなと
当然使い方で全然変わるとは思うので一概には言えませんが

サワーグリーン(ライム)、パーフェクトシアン(ミント)を染めてみました

サワーグリーン

パーフェクトシアン

ずばり綺麗な発色しています

個人的にはアクセントカラーとしてTHROWと混ぜてガンガン使ってみたいですね
ワンブリーチでここまで発色すれば十分だなと

パーフェクトシアンはインナーカラーとしてもかなり綺麗そうですね

11月発売のティントバーには期待大です!!

【暖色系:ピンク、オレンジ検証記事】

【ティントバー】ワンブリーチ後のオンカラーでどれぐらい発色するか!? ピンク、オレンジ編

ヘアカラーに特化したInstagram更新中

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

release

浦松俊宣

  • twitter
  • facebook
  • instagram
大阪心斎橋にある美容室releaseの スタイリスト 浦松 です!
大阪でTHROWと言えばというぐらいTHROWでヘアカラーを染めています!

やりすぎ、作りすぎた物に美しさを感じず、【さりげないオシャレやナチュラルな美しさ!】
そういった飾らず自然体で美しい女性像を創造、ヘアカラーでも提案してます!
質の高い一色染めから、ブレンドカラーまで幅広く上質カラーを提供!!
  • twitter
  • facebook
  • instagram
release

店舗名

release

取扱ブランド

  • THROW FASHION

http://www.release-0919.jp/

RELATED ARTICLE関連記事