• PICK UP
  • カラーアドバイス

【社会人必見】よく聞く”7レベル”のカラーって実際どんな仕上がりなの?

田母神 佳祐

田母神 佳祐

2016/05/05

こんにちはー

 

そういえば井の頭公園のボート乗ったことない

 

 

どうも

吉祥寺の美容室Aboveのスタイリスト田母神(たぼがみ)です

 

 

 

さて

 

 

そんな地元だけど大してあまり行かないたぼがみですが

 

 

今日のお話は

 
 

よく聞くけど、カラーの7レベルって実際どんな感じ?

 

 
実際にお客様からオーダーの多い明るさです

 
 

「仕事の規則でカラーは7レベルまでなので、そのくらいの暗さにしてください!」

 

 
銀行や航空会社、ホテルなど人と接することが多く、信頼や安心感を大切にする企業に多く採用されている基準です(もちろん企業によっては6や8レベルを採用していることもあります)

 
 
いわゆる、カラーはしてもOKだけどあまり明るいのはダメよってやつです
 
 

LRG_DSC00928

これの(レベルスケールといいます)

 
 
Screenshot_2016-05-05-19-17-40

 
 

こちらが7レベル(ちなみに細かい事を言うと、これをつくっているメーカーによって若干明るさが異なる場合があります)

 

 

・・・

全然イメージつかないですね

 
 
毛束を頭に乗せて見てみましょう
 
 
LRG_DSC00929

 

 

うん

 

 

全然わからん

 

 
【実はうまく伝わってないかも!?】カラーの色を美容師さんに伝えるコツ | THROW JOURNAL

前回の記事はまさにこういうことですね

 

 

という訳で実際の7レベル見てみましょう

 

 
まずはBefore
 
 
DSC00882

 

 

 
ブリーチもされていてかなりのハイトーン

 

 

こちらをドーンと7レベルまで暗くしていきます
DSC00883

 

 

ちなみに色はベースはブラウン、そしてアクセントに濃厚ブルーをドーンと

 
 
それでは仕上がり

 

 
After

 

見よ!これがリアルな7レベルカラーだ!!

 

 
DSC00893

 

 

DSC00894
 

 

日本人の平均的な地毛よりほんのり明るく、それでいて上品な仕上がり
 
 

イメージを大切にする企業がこの基準を採用するのも頷けます

 

 
いかがでしたでしょうか?

 
 
よく聞く、7レベルのカラーイメージできたでしょうか?

 
 
もちろん光の当たり方、室内、屋外etc…で見え方は全く異なってくるのでこの限りではありませんが是非参考にしてみてください

 

 
ステキなカラーライフのために・・・

 
 

よろしくどうぞ

 

 

ではでは

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Above ~ the beauty island 吉祥寺店

田母神 佳祐

  • twitter
  • facebook
  • instagram
東京都武蔵野市吉祥寺にある美容室Above the beauty island(アバーブ ザ ビューティーアイランド)にて副店長として活躍中
毛髪理論の資格も取得し、吉祥寺一の毛髪・薬剤理論オタク。
得意技術はダメージを徹底的に抑えた艶・カラーリング。
サロンワークではヘアケア、ホームケア、ランチ、ディナーのお店、飲み屋、更には明日のお弁当まで幅広くアドバイスをしている。
撮影・講習など外部でも活躍中。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
Above ~ the beauty island 吉祥寺店

店舗名

Above ~ the beauty island 吉祥寺店

取扱ブランド

    http://above-beauty.jp/

    RELATED ARTICLE関連記事