• プレス/ニュース

【THROW】プロモーションセミナーin広島 美容師の美的感覚を上げていくプロダクト

中川 雅文

中川 雅文

2016/04/26

こんにちは。高知県安芸市RiLhairの中川です。

【THROW】プロモーションセミナー@広島に参加してきました

冒頭で木村さんが『大阪、東京と開催し、そして福岡は残念ながら行く事ができませんでしたが…m(_ _)m』と挨拶があり、

今回は広島オリエンタルホテルでプロモーションセミナーが開催されました。

【THROW】新製品発表会

入り口には様々なプロダクトが並べられ、中でもカラーのチューブは手にとって触ってみると分かるんですが、両方共今までに無い質感に仕上がってて驚きました。

基本コンセプト”解き放つ” “解放”

“上質”や”洗練”と言うキーワードから

発色と柔らかさにこだわって作られてるTHROW

トレンドをリードする美容師だからこそプロが心から使いたくなる発色のでるカラーを作り上げてました

モデル デモンストレーション

実際にTHROWを使ったデモ

モデルさんのアンダー状態を見るのにiPhoneを使ってのプロジェクターで見る所がまた新鮮でしたね

座ってトップからも

【モデルさんのビフォア】

アンダー15Lv以上のブリーチ毛

根元12Lv位?(プロジェクター画像を見た限りで)

ここで登場。

今日が初陣の2年目ニシハラさん。

それを見守る参加者と3年目サカモトさん。

【レシピ】

6MT:10M:10BEを2:1:1

OX6%

狙い

4.5%でも良いですが、今回は根元のアンダーを少し削る為の6%選択と発色に重点を置いた為。

塗布開始

ここで…

なぜウェット塗布なのか

•コーミングによるダメージを防ぐ
•浸透のし易さ
•塗布ムラの状態を防ぐ
•艶が出やすい

これらの説明をしながら

速い

目標塗布時間は2分半

20分ペースでお客様を施術するスピードがここなんですね

もう終わり。瞬殺でした。

ニシハラさんも普通なら大勢の前なら手が震えるのに初陣とは思えない落ち着きでスピーディでした。

さすが専属。

ここで一旦モデルさんは放置となり

美容師名鑑編集長 Bireki Magazineの

石渡武臣さんとのトークセッション

どう言う背景で作られたか

どうパーツを埋めていったか

美容師の美的感覚を上げるプロダクトにする為にどうしていったかなどのお話を。

まだ2開催ありますのでそこら辺は会場に是非皆さん足を運んで聞いてみてください。

フィニッシュワークからの仕上がり

各ポイントを説明しながらモデルさんのフィニッシュワークを。

皆んな作りすぎてるんでよね

分け目はあえて極端にするとらしさが出てきますよ

その後も色の退色に対しての考え方、スロウについての特徴などレクチャーして頂きました。

仕上がり

もちろん”スロウ撮り”

スロウ撮りについてもレクチャーありますので是非会場に足を運んでからのお楽しみと言う事で(^^;;

アンダー 15Lvブリーチ毛 根元12Lv

レシピ 6MT:10M:10BE 2:1:1 OX6%

お客様に勧めるポイント

しみない、痛くない、刺激臭も少ない。

後は嘘くさくないアッシュ。

色がふんわりとしてるので自然な質感が表現される

といった所でしょうか。

実際に見てスロウが彩度高めに作られてる事や6レベルとのミックスが面白そうだと思いました。

MONOTONE

FASHION COLOR

Mt/モノトーン

クリア感のあるグレイッシュ

詳しく見る >

MATT

FASHION COLOR

M/マット

やわらかさのあるマット

詳しく見る >

BEIGE

FASHION COLOR

Be/ベージュ

まろやかなイエローベージュ

詳しく見る >

6月の発売が待ち遠しいですね。

関連キーワード

  • twitter
  • facebook
  • LINE

RELATED ARTICLE関連記事